琴崎八幡宮で夏越祭

 琴崎八幡宮(白石正典宮司)の夏越(なごし)祭が、一日から宇部市上宇部大小路の同宮で始まり「猛暑に負けず、一年の後半も無事に過ごせますように」と、多くの参拝者が茅(ち)の輪をくぐり、健康を祈願している。
 茅の輪は直径二・五メートルで参道の鳥居に設置。茅の輪くぐりには琴崎保育園の年中、年長児六十人も参加。作法通りに輪の中をくぐる本殿までの長い列が続いた。茅の輪は三日まで設置し、人形や車形の厄払いを受け付ける。

 

カテゴリー:アーカイブ2007年8月1日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ