宇部高生が山大で連携教育講座

 夏休みを利用して宇部高理数科の一年生二十一人が、山口大工学部で高大連携教育講座を受けている。初日の十一日は、超伝導現象などについて学んだ。
 宇部高と山大はおととし、高校生が理数系の科目を大学で学ぶ連携教育の協定を締結。学習意欲の向上や学問の連続性、異世代の考え方を学ぶ機会を拡大しようというのが狙い。三年目の今年も、受け入れ人数の関係で理数科一年生を対象に実施。三十日まで「社会基盤施設の耐震設計」「ロケット打ち上げ・回収実験」「情報通信に関する技術」など六講座を予定している。

 超伝導について講義を受ける宇部高生(山大工学部で)

カテゴリー:アーカイブ2006年8月14日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ