山大と県が「医師を理解するセミナー」開催

 山口大医学部と県がタイアップした「医師を理解するセミナー」は七日、同学部であり、高校生百二十五人が現役医師から医師の現況について話を聞いた。
 地方の医師不足解消のために、医師という職業を理解し、地元で活躍する契機にしてもらおうと企画した。来春、医学部受験を考えている高校生、予備校生らが対象の山大医学部オープンキャンパスに合わせて実施。県内を中心に福岡、広島、島根の各県から参加があった。受験生だけでなく高校一、二年生も多数、訪れた。
 県内の医師数(二〇〇四年十二月末現在、厚生労働省調べ)は、人口十万人に対して二百二十四・一人(全国平均二百一・〇人)で全国十七位。小児科は二十七位、産婦人科は三十三位、麻酔科は十九位となっている。

 

カテゴリー:アーカイブ2006年8月8日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single