小野湖交流ボート大会、54チームが水上バトル

 第十一回小野湖交流ボート大会(同実行委員会主催)は六日、宇部市小野花香の小野大橋付近で開かれた。市内外から五十四チームが参加。勢い良く水しぶきを上げながらタイムを競うとともに、豊かな自然を満喫した。優勝は、山口市の刑務ボーイでタイムは二分五秒七一だった。
 チームはこぎ手、かじ取り、太鼓の十人で構成。コースは往路二百メートル、復路百メートルの計三百メートルで実施された。二千三百人が詰め掛けた観客席からは大きな声援が飛び、後押ししていた。中にはそろいのTシャツや仮装したチームもあり、来場者を楽しませた。会場では、子供から一般までを対象にしたカヌー教室も行われ、県カヌー協会会員の指導で、魅力に触れていた。アユの塩焼き、焼きそばなどのふれあいバザーもあり、にぎわった。

 好タイムを目指して競り合うボート(小野湖で)

カテゴリー:アーカイブ2006年8月7日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single