中村地蔵尊325年祭、住民ら節目祝福

 宇部市上宇部にある中村地蔵尊の三百二十五年祭が二十四日、中尾一丁目の同所で開かれた。周辺地域に親しまれているお地蔵様の節目の祭りということで、住民ら三百五十人が参拝。例年より充実した接待や行事を楽しみ、家内安全、地元の発展を祈願した。NKK連合自治会(河村博会長)主催。
 この石地蔵は一六八二年、宇部領主の福原広俊が江戸からの帰路に土産物として大阪で求め、海路宇部に持ち帰ったと伝えられ、一九二一(大正十)年ごろに現在の場所に安置された。縁結び、安産、子育てなど、さまざまな願いをかなえてくれる地蔵として、地元民に信仰されている。

 子供からお年寄りまで大勢のお参りを受ける中村地蔵尊(上宇部の同所で)

カテゴリー:アーカイブ2007年7月25日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single