田中、伊藤選手が小学生空手全国大会へ

 埴生小一年の田中智貴選手と同三年の伊藤光希選手が、八月五日に東京武道館で開かれる第七回全日本少年少女空手道選手権大会(全日本空手道連盟主催)に初出場する。二人は塩川派糸東流の彦島武道館に所属。四月の県大会で優勝した。
 全国大会は学年と男女別に形と組手があり、田中選手は男子形、伊藤選手は女子組手に出場。全二十四種目に各都道府県から二人ずつ参加するという。田中選手は「リズムを考え、全国大会ではすべて勝ちたい」、伊藤選手は「上段と中段の攻めのコンビネーションで勝ち上がりたい」と抱負を語った。

 空手の全国大会に出場する伊藤(左)と田中の両選手

カテゴリー:アーカイブ2007年7月25日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single