楠中が「出前教室」開始

 楠中(柏村雅実校長、百九十七人)は、先生が地域に出向いて、生徒個別の学習を支援する「出前教室」を、三日から船木、万倉、吉部の各ふれあいセンターで始めた。
 自学・自習を基本に、五教科が対象。一日当たり四人から三十人まで。各校区ごとに三日間、計九日間の日程を組んだ。国語を担当した先生は「生徒が勘違いをしてしまうポイントが分かり、逆に今後の授業の進め方の参考になった」と収穫を実感。生徒たちの感想も「涼しくて勉強に集中できた」など、おおむね好評だった。

 個別指導を受ける生徒ら(4日午前9時すぎ、吉部ふれあいセンターで)

カテゴリー:アーカイブ2006年8月4日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single