「ゴッホの庭」でヒマワリまつり

 ヒマワリの花が一面に咲いた宇部市二俣瀬車地の「ゴッホの庭」で二日、初の「ヒマワリまつり」があり、家族連れ約二百人が宝探しなどを楽しんだ。二俣瀬校区ふるさと運動実行委員会(原田賢治会長)主催。
 宝探しは、子供と大人の部に分けて実施。参加者は花壇に分け入って、花や葉に張り付けられた紙を見つけ、スズムシの幼虫などの宝物と交換した。まつり終了時には、希望者に切り花が販売された。
 原田会長は「いろんな種類のヒマワリがあり、九月上旬まで花が見られる。これからも時々寄って、花を楽しんでもらいたい。」と話した。

 宝探しをする子供たち(二俣瀬車地

カテゴリー:アーカイブ2006年8月3日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ