保育園児が敬老祝いカード作り

 山陽小野田市内の保育園児たちが、八十五歳、九十五歳、百歳以上のお年寄りにあてた「お祝いカード」作りに励んでいる。長寿と健康への願いを込めて、自分の似顔絵やかわいいイラストなどをカラフルに描き“元気”をプレゼントする。
 お祝いカードは、敬老精神を発揮する機運を醸成する市の新しい祝賀事業。保育園児のイラストだけでなく、白井博文市長が直筆でメッセージを添える。カードは対象者に送られ、九月の敬老月間中に市内の協力事業所で提示すると、割引などのさまざまな特典が受けられる。

 お祝いカード作りに熱中する子供たち(出合保育園で)

カテゴリー:アーカイブ2007年7月20日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single