経済団体職員ら70人が近代化遺産を視察

 産業観光の可能性を探る「産業観光ワークショップinやまぐち」が十八日、宇部、山陽小野田、美祢地域で開かれ、経済団体や自治体の観光関係者、旅行業者ら七十人が、セメント工場に残る近代化産業遺産などを見学した。日本観光協会と全国産業観光推進協議会が、産業観光の商品化を目指して行うワークショップ。首都圏以外での開催は初めて。
 日産化学小野田工場では、ルブラン法で硫酸を製造する過程で発生する塩酸を処理していた塩酸吸収塔などを見学。旦地区では、この場所にあった登り窯で製造された硫酸瓶の不良品で築いた珍しい瓶垣を見て回った。

 ルブラン法塩酸吸収塔を見学する参加者(日産化学工業小野田工場で)

カテゴリー:アーカイブ2007年7月19日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ