川上おひさまクラブスタート

 障害を持つ子供たちの夏休み中の学童保育となる川上おひさまクラブ(久保田后子プロジェクトリーダー)が、二日から川上小でスタートした。参加者は小学生から高校生まで二十五人。二十五日まで六日間行い、ボランティアたちと一緒になって、水遊びや楽器演奏で楽しく過ごす。
 今年から同小の協力で学校のプールが使えるようになったことから、六日間とも午前中はプールでの水遊び。午後からは声楽アンサンブル、小麦粉粘土での創作、フライングディスク、フルートアンサンブル、スイカ割りなどを楽しむ。

 プールで水遊びを楽しむ子供たち(川上小で)

カテゴリー:アーカイブ2006年8月3日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ