宇部工高将棋部が全国大会へ

 宇部工高(吉川直紀校長)の将棋部(小川将弘部長)が二十九、三十日に島根県出雲市である全国高校将棋選手権大会の団体戦に県代表として出場する。予選を兼ねた県高校総合文化祭将棋部門大会では、九連覇中の宇部や強豪の下関西を破って優勝。
「宇部高と三十秒将棋になった時は、一手を五秒くらいで決めている感じで焦りまくったが、勝てて気持ち良かった」と小川部長(機械科三年)。将棋の魅力について野村一幾君(電気科三年)は「相手との駆け引きが最高に面白い」と言う。全国大会に向けて住友泰輔君(同)は「悔いが残らないように、ベストを尽くす」と意欲満々だ。

 高校将棋の全国大会に出る野村君、住友君、小川部長(左から、宇部工高で)

カテゴリー:アーカイブ2007年7月17日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ