ガソリン値上げ、レギュラー1リットル当たり「142円」前後

 石油元売り各社が、一日からガソリンの卸売価格を一斉に四-七円程度値上げしたことを受けて、前日までレギュラー一リットル当たり「百三十六円」前後だった宇部市内のガソリンスタンドでも営業開始と同時に「百四十二円」前後で販売を始めた。六円の上げ幅は湾岸戦争前夜だった一九九〇年の八円に次ぐもので、価格は開戦した九一年に並ぶ十五年ぶりの高値水準となった。値上げは原油価格の高騰によるもの。
 市内の七月の価格は、スタッフが給油を行うスタンドが百三十五-百三十八円、セルフスタンドが百三十五円前後。一日からは六円アップのスタンドが主流だが、競争が激しい地域は流動的だ。

カテゴリー:アーカイブ2006年8月1日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single