山陽小野田市基本構想審が答申

 山陽小野田市基本構想審議会(会長・西村重基小野田商工会議所会頭)は十二日、市役所であり、一年三カ月にわたって審議してきた基本構想案に意見を添えて白井博文市長に答申した。九月議会での議決を経て、向こう十年間を展望したまちづくりの指針が定まる。
 基本構想案によると、新しいまちづくりの主理念として「生活の質を重視した住み良さの創造」、取り組み理念として協働、地域資源の活用、多元的なネットワークを掲げた。

 基本構想案の審議結果を白井市長に答申する西村会長(中央、市役所で)

カテゴリー:アーカイブ2007年7月13日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ