ニ市派遣壮行会で中学生7人が抱負

 姉妹都市の豪州ニューカッスル市に派遣される中学生の壮行会が二十七日、宇部市役所で開かれた。十三回目の今年は、七人の女子生徒が、ニ市でホームステイをしながらハイスクールに通う。派遣生たちは「不安や戸惑いに負けず、いろいろなことを体験したい」などと、抱負を語った。
 青少年交流の充実と、国際的な人材育成を目的に、市と宇部市・ニューカッスル市姉妹都市友好協会が派遣。今年は八月三日から十四日までの日程で実施する。
 壮行会では、先生や家族、友好協会関係者らを前に、生徒一人ひとりが自己紹介し「たくさん勉強して成長したい」「日本との違いを学び、多くの人と触れ合ってきたい」「同年代の関心事や遊びに興味がある」などと述べた。

 派遣を前に抱負を語る中学生たち(市役所で)

カテゴリー:アーカイブ2006年7月28日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ