18・19日、ワークショップで産業観光の可能性探る

 産業観光の可能性を探る「産業観光ワークショップinやまぐち」が十八、十九の両日、宇部、山陽小野田、美祢地域で開かれる。経済団体、自治体の観光関係者や旅行業者が、戦後日本のエネルギーを支えた炭鉱跡地や古い水道施設などを見て回り、全体報告会で商品価値のある産業観光について意見交換する。
 日本観光協会と全国産業観光推進協議会が、産業観光の商品化を目指して行うワークショップ。一昨年は神奈川県、昨年は東京都内と埼玉県で実施したが、今回は初めて地方で開催する。テーマは「産業観光の可能性と商品価値」。県内や全国各地で産業観光に取り組んでいる自治体、観光協会、経済団体の職員ら約百人が参加する予定。

カテゴリー:アーカイブ2007年7月10日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single