山陽小野田市民まつり振興会が発足

 山陽小野田市民まつり振興会が六日発足し、会長に白井博文市長が就任した。小野田青年会議所、小野田と山陽の両商工会議所青年部の若手三団体による「市民まつりプロジェクト委員会」(有馬大雄委員長)の企画運営に対して助言、支援し、一体となって新しい祭りをつくり上げていく。
 市民まつりの本祭は十月二十八日に江汐公園で開かれる。前夜祭は埴生漁港での「お祝い夢花火」。市の助成金と前回の繰越金を予算に計上し、祭りへの参加団体への助成や経費負担もしないという運営方針、会場を江汐公園にした経緯などが説明された。本祭の内容は、ステージやライブ、江汐公園耐久レース、市内の小・中学生による日本一の横断幕作製などを検討しているという。白井市長は「今後も祭りの発展に協力し、素晴らしい内容にしよう」と呼び掛けた。

 あいさつする白井市長(市役所で)

カテゴリー:アーカイブ2007年7月7日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single