美祢市大嶺町に振興のシンボル誕生

 宇部市の石炭記念館が長く所蔵していた、美祢市大嶺町の海軍炭鉱桃ノ木鉱の坑口に設置してあったキーストーン(要石)が、大嶺炭田の歴史をしのぶモニュメントとなり、五日、大嶺町麦川の現地で関係者二十人が出席して除幕式が行われた。
 モニュメントは、九七年まで運行していたJR大嶺駅跡地に設置された。「M」字の形をし、コンクリート製で、赤れんが風にデザインされている。「M」は、MAN(人)、美祢、麦川、無煙炭の頭文字から取った。キーストーンは、このモニュメントの上部に埋め込まれた。

 モニュメントに埋め込まれたキーストーンについて語る出席者(美祢市大嶺町麦川で)

カテゴリー:アーカイブ2007年7月6日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single