06年度ごみ総排出量8万3301トン、リサイクル率は20.38%

 宇部市で二〇〇六年度に排出されたごみの総量は、前年度比二百九十七トン増の八万三千三百一トン。このうち、古紙やプラスチック容器など一万六千九百七十七トンが資源化され、リサイクル率は20.38%だった。成分分析では、付着水分の割合が前年度の20.32%から12.13%へとほぼ半減した。四日に市環境保全センターで開かれた市ごみ減量等推進員連絡会議で報告された。
 成分分析の調査は四日間実施。付着水分の大幅減について市ごみ減量推進課は「水分が低下すれば、ごみだけでなく焼却時に使用する燃料も減らせる。今後も水切りを呼び掛けていきたい」と話している。

 あいさつする岸本会長(市環境保全センターで)

カテゴリー:アーカイブ2007年7月5日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single