22、23日、サッカー交流公園のオープニングイベントと記念行事

 県立おのだサッカー交流公園のオープニングイベントと記念行事が二十二、二十三の二日間、山陽小野田市東沖の現地であり、宇部、山陽小野田、美祢市のサッカースポーツ少年団の子供たちが、サッカー教室や大会を通じて、指導者、選手との交流を深めた。
 教室は完工式に続いてサッカー場であり、三市のスポ少の六年生百十人が、天然芝の感触を体験しながら、プレーを楽しんだ。Jリーグ鹿島アントラーズで、元日本代表の長谷川祥之さんら、ジュニアユース、クリニックの指導者らが、ドリブルやシュート、リフティングなどの基本を伝えた。熱心に受講した最優秀選手四人には、アントラーズのユニホームが贈られた。

 長谷川さんのシュートに見入る子供たち(サッカー交流公園で)

ハーフタイム広場の除幕

カテゴリー:アーカイブ2006年7月24日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ