淡交会全国大会に向けリレー茶会

 茶道裏千家淡交会青年部の第十四回全国大会(九月二十九日-十月一日、京都市)に向け、全国でリレー茶会が開かれる中、同会宇部支部ときわ青年部(月足賢治部長)は二十日、宇部中央高で茶会を行った。同高の茶道部員も参加してリレーの一端を担い、二十一日に山口市で行う山口支部山口青年部にバトンを引き渡した。
 リレー茶会は、全国大会の百日前となる六月二十三日にスタート。北海道からと沖縄県からの南北二ルート四コースで、各青年部がバトン代わりとなる鵬雲斎千玄室大宗匠と坐忘斎千宗室家元の掛け軸と茶しゃくを引き継ぎながら計四百回の茶会を開き、ゴールの大会会場を目指す。

 茶会を楽しむ高校生ら(宇部中央高で)

カテゴリー:アーカイブ2006年7月21日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ