ビオトープでアイガモ農法

 里山ビオトープ二俣瀬の水田に二日、アイガモのひな四羽が放鳥された。アイガモたちに雑草や害虫を駆除してもらうアイガモ農法で、二俣瀬では初の試みという。里山ビオトープ二俣瀬をつくる会(今井和男会長、七十人)の関係者と、学童保育クラブ「ひよしの森」の児童三十人が立ち合い、水田の中を元気に泳ぎ回るひなの様子を見守った。

 アイガモを水田に放す子供たち(里山ビオトープ二俣瀬で)

カテゴリー:アーカイブ2007年7月3日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single