熱帯植物館に“パイナップル畑”

 常盤公園の熱帯植物館で、パイナップルの鉢植えが、ぐんぐん成長している。五つ並んだ様子は、ちょっとした“パイナップル畑”。全長約三十センチの実に、来館者は足を止めている。本格的に熟すのは、秋ごろになるという。
 同館では「夏休みを迎えるので、特に、子供たちに楽しんでもらえたら」と話した。問い合わせは同所(電話31-8301)へ。

 成長中のパイナップルの実(常盤公園の熱帯植物館で)

カテゴリー:アーカイブ2006年7月19日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ