「ガラスの夢プロジェクト」始動

 山陽小野田市内の幼・保育園児三百二十人のガラスの手形を使い、未来へ羽ばたく翼をイメージしたモニュメントをつくる「ガラスの夢プロジェクト」が、十三日からきららガラス未来館で始まった。国民文化祭やまぐち2006で市が引き受ける「創造・現代ガラス展」のメーン事業。子供たちとガラス作家の共同作業で、オリジナル手形の原型が次々と完成している。モニュメントは未来館の前庭に設置し、十一月の本祭で披露する。
 未来館は市内園に限定し、残り八十人の参加者を募集している。問い合わせは、同館(電話88-0064)へ。

 手形作りに熱中する子供たち(きららガラス未来館で)

ガラスの手形の試作品(きららガラス未来館で)

カテゴリー:アーカイブ2006年7月14日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ