「ヘレンケラーを知っていますか」、宇部地区上映会初日に小林綾子さん舞台あいさつ

 目が見えず、耳も聞こえない県内在住の女性をモデルにした映画「ヘレンケラーを知っていますか」の宇部地区上映会が三十日と八月二、三、五日の四日間、文化会館で開かれる。全編字幕スーパー入りで、各日とも午前十時半、午後二時、七時からの三回上映。宇部地区の同映画を普及する会(山田通夫会長)主催、市、市ボランティア連絡協議会、市身体障害者団体連合会、宇部日報社など後援。
“日本のヘレンケラー”といわれ、一九六四年に日本最初の盲・ろうの重複障害者の自主組織「われら生きるの会」を結成した県内在住の主人公と、不登校の中学生との出会いや触れ合いを通じて、盲ろう者の自立と福祉の在り方、人間愛などを描いた長編映画。県映画センター(下関市)が企画、制作した。
 宇部地区上映会では、三十日の午前十時半からの映画上映後と、午後二時からの上映前に、小林さんがあいさつする。全席自由で、前売り券は大学生・一般が千二百円(当日は千五百円)、小・中・高校生と六十五歳以上のシニア、障害者手帳を持っている人は千円(同千二百円)。宇部井筒屋、往来舎、幸太郎本舗、フジグラン宇部で扱っている。問い合わせは、普及する会事務局の為近さん(電話41-2066)へ。

 感動の映画「ヘレンケラーを知っていますか」のポスター

カテゴリー:アーカイブ2006年7月14日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single