夏はやっぱり浴衣、“日本伝統のクールビズ”人気

 見た目の涼しさが、クールビズブームに後押しされるように、人気が上がっている浴衣。夏本番を前に、宇部市内でも着物店をはじめ、大型店やデパートには売り場を彩るさまざまな浴衣が並んでいる。これからは花火大会など夏のイベントが目白押し。“日本伝統のクールビズ”がさらに注目を集めそうだ。
 主に着物を扱う「華洛宇部全日空ホテル店」では、六月中旬から売れ始め、この時期がピーク。二万円前後のブランド物が売れ筋となっている。市内ではこれから、市花火大会(二十二日)、新天町土曜夜市(二十二日-八月十二日)、ときわナイトフェスタ(八月二十六日)など、夏のイベントが続く。会場では、イベント以外に色鮮やかな浴衣も目を引きそうだ。

 浴衣を品定めする女性たち(華洛宇部全日空ホテル店で)

カテゴリー:アーカイブ2006年7月7日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ