宇部市役所市民課窓口に「耳マーク」設置

 耳の不自由な人が援助の依頼をしやすいよう、宇部市は市民課窓口に「耳マーク」を設置した。マークは、耳に音が入ってくる様子を矢印で示し、一心に聞き取ろうとする姿を表している。
 耳マークは、利用の多い戸籍や住民票などの証明発行窓口と、転入や転出などの届け出窓口の二カ所に設置。掲示板(A4サイズ)をつり下げ、卓上には「耳の不自由な方は筆談しますのでお申し出ください」と書かれた表示板(縦十五㌢、横十センチ)を置いた。
 部坂由美子市民課長は「マークがあると職員に声を掛けやすく、安心して申請や届け出ができると思う」と期待する。目などが不自由な人から申し出があれば代筆も行い、老眼鏡も用意している。

 市民課の窓口に設置された耳マーク(市役所で)

耳マーク

カテゴリー:アーカイブ2006年7月7日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single