学校栄養士が生産農家視察

 宇部市学校栄養職員連絡協議会(会長・大塚忠行市学校給食センター所長)の生産農家視察は四日、万倉伊佐地の農業、前田文樹さん宅の畑であり、学校栄養士十五人が市特産「万倉なす」の栽培の様子を取材したり、試食したりした。
 今回は、産地化され、半世紀の歴史がある万倉なすの畑を訪れた。参加者は前田さんから、万倉なすは皮も中身も軟らかく、食べやすくておいしい大成ナスという品種であることを教わった。「皮が薄いから日持ちが悪いのが唯一の難点。味は抜群で、東京では高級ナスとして一本千円で売られることもある」と聞き、驚いていた。

 万倉なすの畑を視察する学校栄養士(万倉伊佐地の前田さん宅で)

カテゴリー:アーカイブ2006年7月6日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single