山陽小野田市病院局長に河合伸也さん

 山陽小野田市は一日付の人事異動で、空席だった病院局長に、前山口大副学長で元同医学部付属病院長の河合伸也さん(66)=宇部市=を任命した。市民病院に地方公営企業法を全部適用する準備を進めており、議会の了承が得られれば、最高責任者の病院事業管理者にも選任する考え。
 河合局長は一九四〇年生まれ。小野田高、県立医科大(現山口大医学部)卒。米イリノイ州立大整形外科にも留学。八三年から山口大医学部教授(整形外科)に就き、九三年から九七年まで同部付属病院長を務めた。二〇〇四年から今年五月まで同大理事兼副学長。山口大名誉教授、県体育協会理事、県地域リハビリテーション推進協議会長、日本脊椎(せきつい)脊髄(せきずい)病学会理事長。

 就任会見で抱負を語る河合局長(市役所で)

カテゴリー:アーカイブ2006年7月4日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ