2日の昼まで激しい雨も

 梅雨前線の影響で、宇部市内では断続的に雨が降っている。三十日からの総雨量(一日午前九時現在)は市内各地で四〇ミリを超え、小野ふれあいセンターでは六六・五ミリを観測。一日夜中から二日の昼前にかけては、再び激しく降る恐れがある。これまでの雨で地盤が緩んでいる所もあり、土砂災害などに十分な注意が必要。
 市防災課によると、市内数カ所で小規模な崩土の発生はあるが、人的被害や家屋への被害は出ていない。大雨・洪水警報は一日午前九時二十五分に解除された。今晩から二日の昼前にかけては、梅雨前線が九州北岸付近までゆっくり南下し、雷を伴って非常に激しく降る所もありそうだ。

カテゴリー:アーカイブ2006年7月1日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single