楠コミュニティー組織設立に向け研修会

 宇部市主催の楠地域コミュニティー組織設立研修会が二十五日、万倉ふれあいセンターで開かれた。地域団体の代表者ら百三十人が出席。市地域づくりアドバイザーの米城治さんが、コミュニティーが果たす役割や旧市内の現状、設立に向けた課題などについて話した。
 米城さんは、地域社会とは一定の区切られた土地で、日常生活を共に営む人々がいる社会とし、宇部市は小学校区が該当していると解説。地域コミュニティーは、地域をより良くしようと一緒に考え行動し、力を合わせていくものと話した。設立に向けては、公募を含めて幅広く人材を集めることや、団体間のネットワーク化を活動の取っ掛かりとすることなどをアドバイスした。

 地域コミュニティーについて話す米城さん(左、万倉ふれあいセンターで)

カテゴリー:アーカイブ2006年6月27日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single