宇部三曲連盟、国民文化祭に向け中国で芸術交流

 十一月に宇部市で開かれる国民文化祭の「邦楽の祭典」に中国から参加する芸術家と交流するため、宇部三曲連盟(菊広吟秋会長、十二団体)のメンバー八人が、このほど訪中。山東省済南市の学校で、若者たちと演奏し合い、懇親を深めた。
 一行は六月十五日から十九日にかけて済南市を訪ね、芸術学院と師範大学の学生と芸術交流。和服姿で、持参した十三弦の琴を使い「六段の調べ」「古都の秋」「星のみずうみ」「月夜の舞」の四曲を奏でた。中国の若者は、二十一弦の琴や古典楽器を演奏し、京劇や声楽、舞踊も発表。楽器や生活について、話も弾ませた。

 伝統芸術で交流を深めた宇部三曲連盟と芸術学院の若者たち(山東省済南市の同学院で)

カテゴリー:アーカイブ2006年6月23日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ