ヤングテレホン05年度まとめ メール相談が電話上回る

 宇部市教育委員会が青少年を対象に開設している悩み事電話相談「ヤングテレホン宇部」の二〇〇五年度の受理件数は、これまでで最多だった〇四年度より百十三件増え、初の七百件台となる七百三十八件に達し、過去最多を更新した。〇一年から始めたメール相談が前年度の約二・五倍となり、電話相談の数を初めて上回るなど、メール受け付けが増えたことが、増加の要因とみられる。
 ヤングテレホンは、島一丁目の市青少年育成センターに設置され、月-土曜日に相談員が常駐。悩みを持つ青少年や保護者の話を聞き、問題解決に向けて支援している。
 同テレホンの相談時間は月-土曜日の午前八時半から午後五時(土曜は正午)まで。メールとファクスは二十四時間対応。いじめ、不登校、性、友達、非行などの相談に応じる。同課の西野サツキ課長は「一人で考えずに、悩みがあれば相談してほしい」と話している。電話とファクス番号は33-7830。メールアドレスはkodomo-y@aurora.ocn.ne.jp

 

カテゴリー:アーカイブ2006年6月15日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ