宇部市の有料広告、順調な滑り出し

 宇部市は今年度から、自主財源を充実させるため、市の資産への有料広告掲載を始めた。これまでに広報紙、市ホームページ(HP)、子育て情報HP、子育て情報ガイドブックの四媒体で導入。試行錯誤しながらも、順調な滑り出しになっている。このほか、公用車への広告も募集中で、七月からは広告を張った公用車が市内を走り出す。
 昨年十月に、ガイドラインとなる市広告掲載要綱を施行。広報紙「広報うべ」(毎号約七万三千五百部発行、二-四枠)と市HP(十枠)は、それぞれ別の代理店が広告枠を一括で買い上げ、すべてに広告が掲載されている。子育て情報HP「U-BABY(うべいび~)」は、五枠の募集に対して三枠掲載中。四月に三千部発行した子育て情報ガイドブック「うべ子育てMAP」は、十枠のうち八枠が埋まった。一方、公用車は九十台の募集に対して、十四日現在の申し込みが二十四台にとどまっている。十五日にいったん締め切るが、その後も随時受け付ける予定。

カテゴリー:アーカイブ2006年6月15日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ