宇部市内の自動車教習所で初、自動二輪の女性指導員

 宇部市内の自動車教習所では初めてとなる女性の自動二輪車指導員が誕生した。宇部中央自動車学校(小林尚文校長)の水田絵里子指導員(26)で、五月末に県公安委員会が実施した自動二輪車(普通)指導員審査に合格した。県内には女性の教習指導員が十九人いるが、自動二輪指導員の資格を持つのは水田さんを含めて六人。
 水田さんは「自動二輪は男性の乗り物というイメージが強いが、女性ライダーも増えている。教習では安全面を重視した指導に努め、きめ細かで高度な技術の習得をしっかりと伝えていきたい。次は検定員の資格を目指したい」と抱負。

 市内の教習所では唯一、女性で自動二輪車指導員の資格を持つ水田さん(宇部中央自動車学校で)

カテゴリー:アーカイブ2006年6月14日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ