藤山小祭りで朝鮮学校の児童と交流

 藤山小(徳永幸枝校長、七百五十一人)で八日、藤山小祭りがあり、子供たちはゲームや宝探しで楽しいひとときを過ごした。創造力豊かに手作りの遊びコーナーを開設し、全校で楽しもうと毎年、企画している。
 学校が近くにある縁で毎回、宇部朝鮮初中級学校の初級児童と交流しており、十一人が来校。朝鮮の民族衣装チマ・チョゴリ、パジ・チョゴリを試着するコーナーを初めて設けた。浜野明子さん(藤山小六年)は「桃色のチマ・チョゴリはきれいで、かわいかった」と大喜び。金蘭姫さん(宇部朝鮮初中級学校初級六年)は「みんなが喜んで着てくれたのでうれしかった」と話した。

 チマ・チョゴリを着てうれしそうな児童たち(藤山小で)

カテゴリー:アーカイブ2006年6月9日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ