東吉部の「水尻川農園」で4家族がソラマメの収穫満喫

 宇部市東吉部の岡山(四二〇メートル)の山すそにある、比較的緩やかな棚田が広がる場所から、週末になると複数の家族連れの歓声が響いてくる。近くの斜面を流れる川から名付けられたのが「水尻川農園」。家庭菜園や市民農園とは違った自然交流の場だ。耕作が不便なために放棄される棚田が多い中で、農地の保全にも一役買っている。四日には、四家族十人がソラマメの収穫を楽しんだ。
 「豆類には目がない」と言う北九州市の宮本立美さん(54)は、月に一度、多い時は二度、妻と参加している。「自宅にも小さな菜園があるが、自然の中で、気心の知れた仲間と集まって食べる味は格別」と笑顔を見せた。

 ソラマメを収穫する参加者(水尻川農園で)

カテゴリー:アーカイブ2006年6月6日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single