阿知須十七夜開催、踊り山車やよさこい満喫

 山口市阿知須の初夏の風物詩十七夜祭が二十七日、始まった。今年の踊り山車は砂郷地区が担当。紅白幕やちょうちんで華やかに飾り付けられた山車を、白い衣装の男衆百人が音頭に合わせて威勢よく引いた。恵比須神社前、阿知須漁市場前などで停車し、五歳から小学五年生までの女子十人が山車の舞台で愛らしい舞を披露した。
 あいにくの天候となったが、にぎやかな調べを聞き付けて、見物人が集まった。吹奏楽演奏やよさこい踊りもあり、観衆を楽しませた。

 威勢良く練り歩く山車(27日午前9時ごろ、阿知須の昭和橋手前で)

カテゴリー:アーカイブ2006年5月27日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single