小学校の英語授業サポートのボランティアが初研修

 宇部市小学校英語活動のボランティア派遣事業が今年度からスタート。総合学習などに組み込まれている英語授業のサポートを担うボランティア、英語担当教諭各十七人の計三十四人による研修会(市教育委員会主催)が二十五日、ときわ湖水ホールで開かれた。
 派遣事業に伴う初めての研修会で、市教委学校教育課の松永宣男課長が「中央教育審議会の外国語専門部会は、小学五年からの英語教育を必須化すべきという報告書をまとめ、週一回程度で行うべきとしている。きょうの研修を現場で役立ててほしい」と呼び掛けた。

 小学校の英語活動の課題について話す島教授(ときわ湖水ホールで)

カテゴリー:アーカイブ2006年5月26日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ