サッカー場整備 着々

 山陽小野田市の東沖ファクトリーパークに整備される「県立おのだサッカー交流公園」の工事が、七月二十二日のオープンに向けて急ピッチで進んでいる。交流施設、スタジアムの姿が整いつつあり、メーンのスタジアムにも天然芝が張られた。まだ養生シートに覆われている段階だが、来月下旬には青々とした芝が広がり、グラウンドに彩りを加える。
 七月二十四日から大会や練習、研修などで段階的に一般に貸し出すため、仮予約も受け付けている。多目的スポーツ広場と会議室は二十四日、サッカー場は九月一日からとなっている。

 養生シートの下で成長する芝(県立おのだサッカー交流公園)

カテゴリー:アーカイブ2006年5月25日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single