「障害者自立支援法を考えるフォーラム」、現場からの疑問・不満続出

「障害者自立支援法を考えるフォーラム」が二十日、JA山口宇部本所で開かれた。県内の障害者団体や施設、行政、ボランティア関係者ら約四百八十人が参加。厚生労働省障害保健福祉部障害福祉課長の藤木則夫さんから、四月に施行された同法についての説明を聞き、率直な疑問や不満をぶつけた。中でも原則一割の応益負担については「働くほど利用料が増える」などと苦情が続出。「差別のある社会で、きれいごとばっかりの法を作った」という非難の声も上がった。

 現場の声を伝える代表者(JA山口宇部本所で)

カテゴリー:アーカイブ2006年5月22日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ