建築設計監理協と市商店街連合会が山銀保存を市民運動へ

 山口銀行宇部支店(新天町一丁目)の新築移転に関し、移転後もまちづくりの一助にと、現店舗の保存を求めている宇部建築設計監理協会(田代定明会長)と市商店街連合会(山崎和之会長)は、保存運動を広く市民に広げていくことを決めた。補修費などのため、今後、募金運動などを展開していきたいという。現支店を生かし、人が集まる施設にすることで、市街地に点在する文化施設や真締川公園、新天町、常盤通りを線で結ぶための起点としたい考えで、市街地を回遊する際の休憩場所としての効果も期待している。
 保存運動への賛同者、興味のある人は、アズマ建築設計事務所(電話21-1673)へ。

カテゴリー:アーカイブ2006年5月19日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ