愛鳥週間を前に常盤公園で市民探鳥会

 愛鳥週間(十-十六日)を前に七日、宇部野鳥保護の会(宗本正行会長)は常盤公園で恒例の市民探鳥会を実施。市民や会員ら十一人が、小雨の中で子育てに忙しい小鳥たちの生態を観察した。一方、山口市阿知須のきらら浜自然観察公園(川元武園長)では、バードウオッチング入門講座があり、初心者ら二十人が繁殖の準備に入った淡水池のオオバン、カイツブリ、あし原のオオヨシキリ、草原のキジなどの様子に見入った。
 同公園では十四日午前十時から正午まで、県と日本鳥類保護連盟県支部主催のバードウイーク行事「きらら浜の新緑と野鳥を訪ねて」が開かれる。

 双眼鏡の使い方から指導を受けるバードウオッチング入門講座(きらら浜自然観察公園で)

繁殖期を迎えた小鳥類を中心に観察する市民探鳥会の参加者(常盤公園で)

カテゴリー:アーカイブ2006年5月8日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single