山口労災病院が来年1月から全面禁煙

 山口労災病院(伊藤治英院長)は、一月一日から敷地内の全面禁煙を実施する。院内はもとより、通路や駐車場、職員宿舎まで制限区域を拡大し、入院・外来患者、病院訪問者の健康に配慮する。健康増進法により公共施設や市街地での禁煙、分煙化が進んでいるが、総合病院で分煙レベルを超えて制限するのは県内でも先駆的な取り組み。
 同院では、五月三十一日の世界禁煙デーにちなみ、昨年から館内の分煙レベルを強化していたが、これを一歩進め、病棟内の一室、玄関前、駐車場の一角に設けていた喫煙所(室)を閉鎖し、禁煙環境を徹底させる。労災病院系列では、関東、大阪でも実施されているという。

カテゴリー:アーカイブ2005年12月27日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ