6月から市下水道料金が約2割値上げ

 宇部市は六月一日から、下水道使用料を約二割値上げする。使用料収入の伸び悩みで累積赤字が膨らんだ上、一般会計から下水道事業への繰り出し金の削減が必要になったため。月に二十立方メートル使う平均家庭(二・四人)の場合、二カ月分の下水料金は四千九百三十五円から五千九百八十五円と、千五十円高くなる。
 今回の料金改定で見込まれる増収額は、年平均で約三億四千万円。このうち累積赤字の解消に一億八千七百万円、繰り出し金の削減に一億五千三百万円を充てることにしている。市の下水道の人口普及率は、〇五年度末で65・6%。今回の改定により下水道使用料は、県内十三市のうち九番目から二番目に高くなる。

カテゴリー:アーカイブ2006年5月2日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single