レスポンシブル・ケア協がアンケート、91%が企業に環境対策期待

 日本レスポンシブル・ケア協議会山口西部支部がこのほど実施したアンケートによると、宇部のコンビナート地域に住む市民の73%が「におい」に関心を持ち、91%が企業に「環境対策」を期待している。結果を受けて同支部に加盟する地元の企業・工場十団体は、今後も各種対策の徹底や情報開示などに積極的に取り組むことにしている。
 レスポンシブル・ケア(責任ある配慮)は、化学企業の生産活動にかかわる自主的な環境・安全・健康面での取り組みを意味する。一九八五年にカナダで始まり、国内では九五年に全国組織が設立された。山口西部支部には、宇部市や山陽小野田市、防府市の企業・工場が加盟している。

カテゴリー:アーカイブ2005年12月26日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single