「ファンタジークリスマスinきらら」、大型かるた取りなど2000人が満喫

「ファンタジークリスマスinきらら」は二十三日、山口市阿知須のきららスポーツ交流公園で開かれ、約二千人が大型かるたやビンゴ大会、スポーツゲームなどを楽しんだ。初開催のソフトバレーボール大会には二十二チームが出場して、熱戦を展開。体がポカポカ温まる豚汁とぜんざいも振る舞われ、来場者に喜ばれた。
 スポーツ振興や交流公園の利用促進を図るため、きららイベント実行委員会が実施。三年目の今年も、多彩な催しを繰り広げた。ドーム内で行われた大型かるた大会では、札が読み上げられるたびに、小学生たちが縦百二十センチ、横九十センチのジャンボかるたを目掛けて猛ダッシュ。われ先にとかるたを奪い合い、獲得者には賞品が贈られた。

 大型かるたを奪い合う小学生(きららスポーツ交流公園で)

カテゴリー:アーカイブ2005年12月24日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single