2005年の宇部市10大ニュース

 宇部市は二十二日、今年の十大ニュースを発表した。各部が挙げた主な出来事の中から、特に印象に残ったものを広報広聴課が選定。豪州のニューカッスル市とは、姉妹都市提携二十五周年を迎え、相互に訪問団を派遣した。市長選は藤田忠夫さんが、宇部市政初の四選を果たし、夏の甲子園では宇部商高が二十年ぶりにベスト4に進出。秋には現代日本彫刻展が開かれ、記念会館が国の重要文化財に指定される見通しとなった。ニュース項目と選定理由、内容は次の通り。
 ▽宇部コンビナート省エネ・温室効果ガス削減研究協議会の設立(2月9日) 産学官の連携で、臨海企業群の地球温暖化対策を総合的、積極的に推進し、省エネ・温室効果ガス削減に向けての調査研究と環境分野での新規事業の展開を促進することで、地域産業の持続的発展と地域経済の活性化を図るために設立した。
 ▽宇部市・楠町合併記念第1回くすのきカントリーマラソン開催(3月20日) 合併を記念し、従来の「健康マラソン宇部全国大会」を「くすのきカントリーマラソン」として引き継ぎ、コースを楠地域に移して開催。約1800人が参加した。
 ▽市立図書館の入館者が500万人を突破(4月7日) 1992年に新図書館として現在地に開館し、2年後には100万人を突破。以降も着実に入館者が増え、今回の節目を迎えた。
 ▽宇部市・ニューカッスル市姉妹都市提携25周年記念行事(5月と11月) 5月にはニ市の訪問団が来宇し、25周年記念写真展などを楽しんだ。11月には、宇部市から訪問団をニ市に派遣した。行事を通して記念すべき年を共に祝い、今後の両市の発展を願った。
 ▽市長選で藤田さんが4期目の当選(6月26日) 任期満了に伴う第26代市長選で、藤田さんが4選を果たした。
 ▽第87回全国高校野球選手権大会で宇部商が20年ぶりにベスト4進出(8月) 準々決勝の日大三(西東京)戦で9回に再逆転後、勝利した「ミラクル宇部商」。準決勝では惜しくも敗れたが、選手と応援団が心を一つにする「一心野球」は多くの感動と勇気を与えた。
 ▽宇部ケミカル工場西地区で発見された不発弾を処理(9月4日) 戦後60年を経て発見された不発弾(250キロ)が陸上自衛隊や周辺住民、関係機関の協力、連携で撤去された。
 ▽第21回現代日本彫刻展開催(10月1日-11月13日) 「ときめく宇部」をテーマに常盤公園野外彫刻美術館で開催。長澤英俊さんの「メリッサの部屋」が大賞に。
 ▽記念会館を国の重要文化財指定へ-文化審議会が文部科学大臣に答申(10月28日) 同審議会は意匠的に優秀なもの、歴史的価値の高いものとして、記念会館を含む9件を重文に指定するよう大臣へ答申した。
 ▽中央町3丁目まちなか再生事業が、国土交通省の「手づくり郷土賞」を受賞(11月28日) 官民協働のまちなか再生への取り組みで、美しい街並みを実現し、人口の増加や地域の活性化につなげた点が評価された。

カテゴリー:アーカイブ2005年12月22日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ