まつり山陽は厚狭秋まつり(仮称)で11月開催

 山陽小野田市の無形民俗文化財指定を受ける古式行事を核とする「まつり山陽」の継続が、二十一日に山陽商工会議所で開かれた臨時集会で決定した。名称や実施団体、内容は変わるが、集まった関係者たちは、百年以上続く地域に定着した祭りの継承を確認。今後の話し合いで具体的な中身を煮詰めていく。現時点で今年は、十一月十二日の開催を予定。仮称は、厚狭秋まつり。詳しい内容は、五月中旬の次回の会合で決定する。
 埴生漁港での前夜祭の花火大会は、新市民祭りのイベントに取り込まれたため、秋まつりとしては引き継がない。同じく同時期に行われていた小野田まつりは、小野田商工会議所、行政、市議会が、既に廃止を決定している。

カテゴリー:アーカイブ2006年4月22日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single