琴崎八幡宮で迎春準備着々

 日増しに迎春ムードが色濃くなる中、神社では初詣でに向けた準備が着々と整い始めている。宇部市上宇部の琴崎八幡宮(白石正典宮司)では、破魔矢やえとの土鈴などの縁起物が次々と入荷され、社務所の一室には段ボールが山のように積まれている。
 同八幡宮では破魔矢や鏑(かぶら)矢、夢矢など約七千本を用意。くま手、えとの土鈴や置物などの縁起物を含めると一万点を超える。
 白石宮司は「たくさんの市民や帰省客に参拝してもらいたい。海外旅行や温泉旅行、液晶テレビなどが当たる招運初夢くじも企画している」と話していた。

 破魔矢の整理をして迎春準備を進める神職(琴崎八幡宮で)

カテゴリー:アーカイブ2005年12月14日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single